ころんた日記


2017年12月の日記



曇ってさむぅ(=_=)二時間待ち?ジェーン。


とり天を作ったのだがうまくいかず焦げてしまった( ´・・)とてもかなしい。


北風と太陽。


今朝もさむっ。んでも、今度はルッコラが可愛いハート型の芽をたくさん出してるのを発見!(^^)!力強い、嬉しい。ジェーン・グレイに会いに行くのはあしただなー。てかほんとに駆け込みになってしもた。なんでいつもこうなってしまうんだろお。


松也の歴史ミステリーは「熊野古道」。よみがえり。一度行ってみたいな。那智の滝も当然写ったがやはり神々しい。だから神々しいんだよ(-人-;)


ううう。18日の朝いちで父の施設に行く事になったので、うーん(=_=)


ぶたさんのうすぎりにくで生姜焼き。ブタニクをさっと焼いてそこへ、すりおろし生姜と醤油とお酒とみりんまぜたのをじゅっ、みかんの絞り汁をじゅっ(^〜^)あり?きのうのみかんソース、って生姜焼きのタレか)'0'(本物のオレンジソースをちゃんと調べた方がいいなあ。んでもって、ご近所さんからいただいた抜いたばかりの大根を頂き、ふろふき大根にした。れいたうしておいたフキの煮物と山椒の葉をもう一度ころ製だしで煮直したのだが、それを取り除いた後のなべをわざと洗わずにお水を足して大根投入。ぐつぐつ熱々にお味噌に新鮮柚子の刻んだ皮にお酒とみりんをちと入れてまぜまぜしたのをかけて、もおこの大根がとろけるおいしさ(^〜^)さらに友人の海老芋を彼女から教わった通りに薄切りにしてレンジでチンしてから味噌だれかけた。味噌だれは叔母お手製のにんにく味噌をみりんで伸ばしてこちらも柚子ちらした。ごちそーやね。


今朝もさむっ。なんかいろんな不安とかクヨクヨ考えててまたまた早朝から目覚めしまいねむ(=_=)。今日もどこから手をつけてよいのやら。う、早くもジェイン・グレイ終わりになってしまう。ま、また駆け込みだあ。


そ、そだ「鳥居前」「綱豊卿」のころ版あらすじも作らないといけないんだっけ(・_・?)ころ自身浅草公会堂に行った事もないので怖いので、まったく歌舞伎自体も初めてのひとびとを案内するのと松也くんの「綱豊卿」をじっくり観たいので、その前に下見に一人で行くのでそれ観てからつくればいいか。能楽堂の土蜘蛛チケット取りそこなったし(/_;)M子さんは浅草と歌舞伎座と両方行くそうな。猿之助さんのよだれくりと、七之助ちゃんの桜丸には興味あるけど、寺子屋おなかいっぱい。すかす、なんで正月から菅原文太それも寺子屋なんだろ?くらい気持ちになるやんけ。


クリスマス写真

100均で買ったミカンがすさまじく酸っぱかった。どうしようと思ったがふと、オレンジソースまがいを作ってみようと思い、でも正しいオレンジソースって食べた事ないので、「きょうの料理」の先生のレシピを参考にして(ひねくれているのでクックパッドは見ない)アレンジしてミカン絞って煮詰めてちみっとはちみつと生姜汁とお醤油入れてさらに煮詰めて白い粉でとろみつけた。スーパーにたまたまメカジキを売っていたので、塩呼称してにんにくソースでソテーして、エリンギと先日友人にもらった海老芋をスライスしてソテーしたのをお皿に敷いてメカジキを置いてみかんソースかけて・・・うまっ(^〜^)うーん、でも、みかんソース、もう少し改善の余地があるような。なにかが足りない(・_・?)


来週行く「松也が語る今川氏真」すごく楽しみ。ドラマの「直虎」を見てないのに受講するのはころだけ?とも言えないみたい。
某巨大掲示板に「実はそこそこ有能な今川氏真」というのをみつけ、これが皆さん真剣で豊富な知識のやりとりしててすごく為になる。「直虎」からの切り口なので場面で語られているので、すごくわかりやすい。塚原卜伝の免許皆伝も史実かどうかわからないらしいが、そもそも「誰に習った」というのはあまり意味がないらしい。
松也くん自身が分析しているように文化人だから生き残れたというのもあり、辞世の句どおり、生まれる時代が違っていたら、戦国武将としてはダメでも、芸術面ではもっともっと名を残せたのではないか。皆さんの氏真愛から、今川氏真がすごく魅力的な人物だというのもよくわかった。
松也くんの評価も高く、今川氏真はドラマ関係なく最近再評価され始めていたそうだが、それを今一般の人にも認知されたのは、このドラマで取り上げられた事とそれをやはり松也くんが演じている事がかなりの功績だということが見てないころにもわかった。
衣裳の着こなしと所作の美しさが、氏真の公家おぼったま感を彷彿とさせるそうな。ネットにも写真があがってるいくつかの公家装束の写真がすごく美しい。
でも、美しいだけでなく、作り阿呆でじゃなくて現実逃避になってへらへら笑いながら踊り狂場面はまさに「怪優」で、毎週見てる人が松也くん踊りすごく上手だったよと言ってた。なんで松也くん出てるのに見ないの?と言われたがでもドラマそのものが耐えられないものは無理(=_=)サブタイトルもパロディの域超えててオリジナルに失礼だろーが。
11月以降松也くんが出た回二本だけ録画して見たが、内容がめちゃくちゃでやっぱし耐えきれない(@_@)この主演女優さん好きでも嫌いでもなかったのにこの表情とキャンキャンわめく演出のせいでか見るのも嫌になってしもた。
んでも松也くんの演技みて、いろいろ書き込みにもあったけど信長役某歌舞伎御曹司と比べて、演技力に差がありすぎる、というのが本当にわかり、松也で今川氏真をこのまま大河でやってほしい、大河で無理ならスピンオフで、という声がいっぱいあがってるのがほんとうに納得でファンになって良かったo(^-^)o
よく考えたら、今までのは全部録画して、早送りにして氏真シーンだけ見れば良かった。まあ総集編があるか。来週が最終回だが出るのだろうか。というわけでミーハー道を突き進むことを決意した年末なのだった。


午後は日が陰るとすごくさむくなった。霜があたってしまった植物は残念ながらもうダメ(-人-;)


クリスマス写真

いけばな。ふ、ふたたび考えてますます怖くなった。先生に良いじゃないですかと褒めちぎられて、でも、何のアドバイスも手直しもない、って、つまり「無視」って事だよね(;_; )( ;_;)ひいいいいぃ。


風は冷たいけど陽ざしがすごく暖かいので動いてると汗ばむ。これで風邪をひいたらたいへん。カモミールとストロベリーキャンドルの芽が無事昨日から育ってるのが嬉しい。他の種もまだ希望は捨てないo(^-^)oでも、ここへきて、花をさかせてくれていたミニトマトもついに弱ってきたみたい。夏からほんとうにがんばったよね。


さむくて天気よい。おひるやすみ?まで動かねばっ。


ミライ、ほんとにほんとにすごくよさそう。桜井さんと清水さんの演奏なんて( ´・・)


朝すごく嬉しかったのは、もうこの寒さでは播いた種の芽は出ないだろうと思っていたけど、にゃんとジャーマンカモミールが一斉に緑のぷちぷちの芽を出していた(^^)/それとストロベリーキャンドルの芽がよっつ出てた(^^)/すごいすごいすごい。


いけばな写真 いけばな写真
先生からいける前に一度やったまずイメージを先にデッサンする「描きいけ」をやってみてくださいとの指示で、ひさしぶりに先に描いてみたら、いつもより早くいける事が出来た。そういう事なんだにゃ。でもむずかしい〜。神の手は奥に細い枝をまるめたものと、それを関連づけるために手前の枝をまるめて完成!(^^)!


いけばな、考えれば考えるほど、こあいよこわいよー。しろとのレベルの生徒ばかりのこの教室ではとても優しい先生だけど、こうして芸術家の冷徹な一面に気づいてしまったころたち。お弟子さんには厳しいんだろうなー(・_・?)これからは、褒められて何も作品触ってもらえなかったらもうおしまいだよねーと三人で抱き合って(うそ)涙目で震えあがっただ。


んでもって、お稽古のあとランチメンバー一人用事で帰宅したので三人で真剣にいけばな談義。というか芸術家としての先生の添削と評価が、まる四年目に入った10月から、実はものすごく怖く深い方法にがらっと変わったよね、という事に気づいてしまったという事を語り合う。先生は「切り捨て」に入ってきただ)'0'(
今はもう、先生の作例は違う花材でいけられ、まねっこなんかできない。教科書もただこんなテーマで行う、という事のみ。もっとも重要な事は先生のお稽古前のお話、そして生徒全員の添削時のお話に、また重要な事が含まれてるので、先生のお話を一言たりとも聞き逃せない)'0'(それを素直に受け止めて作品に反映できなければその課題をいける意味がない。
基本の段階では良ければ普通に褒められ「ここはもう手直しはいらないでしょう」だった。だがこれは、そのレベルならば、これで良い、という事だったんだよね。
今の段階になってからは、先生はもう、先生の言葉がまったく通じてない人にはただただ「良いですね。」とやたら褒めちぎり、全く手が入らない。スルー。最初の頃はしろうとの生徒の自分から見ても、明らかにやってはいけない事、先生のお話を全く無視して(話聞いてない)好きなようにいけてる人たちが、なんでこんなに褒められるんだろう、それやってはいけない事なのに、先生はなんで注意しないんだろう?と思っていたけど、これもう「切り捨て」なんだと気付いて三人でぞっとしただ)'0'(
そういえば草月をずっと習っていたけど中断し、かなり先の段階まで進んだ人がまた再開という事で参加してる。だから教科書もずっと先をやってる。その方の才能プラス、こんなアイディアがあるんだと目を瞠る。素晴らしくていつもその方の作品はいつまでも見ていたいくらい素敵でみんないつも「別格だよねー」。なんだけどそういえば、まだこちらが基本レベルでどこも手直しなしで喜んでいたが、その人の作品に先生は必ず手直しを入れてた。
あんなにすごい高いレベルなのに、先生から見たらまだもっともっと良くできるのに、というところに神の手が入るのは、さらに高いレベルにする為だったんだと、やっと気づいた。完成、なんてないんだよね。


いけばなは、下からの目線で観る作品。むずかしかった(@_@)


今日はあったかいな。いけばな教室の課題なにかな?お稽古のレベルがすごくあがって、緊張と楽しみと両方だ。


そういえば、こうして御曹司でなくても才能ある役者、一般家庭出身で養成所出身の役者、子役から育ててる寺子屋から、どんどん才能ある役者が出て来くるので御曹司は実はすごくプレッシャーですさまじい稽古で必死だという記事を読んだ事がある。そうだよね、御曹司はシンを与えられても、そうでない脇役の役者の方がずっと評価高かったらつらいやね。んでもってみんな必死で稽古してる時に六本木などで飲み歩いていたのが宗家御曹司という事なんだねー。あっ。悪口書いてる


ふう。夜テレビで「片岡愛之助の生き方」放映されてた。ミュージカルの場面はちょっとつかれちゃたけど、ご両親のお墓参りの場面が良い。愛之助さんのご両親の好きな飲みものを率先して買って一緒にお墓参りしてる紀香ちゃんいいo(^-^)oそして「歌舞伎は命!」うんうん、うんうん。歌舞伎以外にいろいろ仕事しててメディア露出が多くなった松也くんもことあるごとに愛之助さんとおなじく「歌舞伎への恩返しが出来たら」って言ってるけど、愛之助さんのように一般から歌舞伎の芸養子になって歌舞伎座でシンを演じられるようになった役者や、御曹司でない家柄の上に後ろ盾を亡くした松也くんのような役者の気合って、言葉がわからないが良い意味での貪欲さがすごく良い。


あ、「怖い絵」展はいくもんね、ふえ、ミライ・・・うわあああああん!翌日実家の用事がビンゴになってしまったし、てかこの週に松也講座とか能とか、ううっ。


父の施設、実家の窓開け、お墓参り、実家戸締り。寸刻みだったがお墓参りできて良かったかな。数日前に行ったはずなのに、なんか空気が沈んでる。父の用事があるのでまた今週中に行くようだなー。


ばたばた(@_@)書きたい事あるけど時間切れ。


温野菜サラダ写真



ぶらタモリは彦根、家康がなぜ彦根をほしがっていたのか。BSでは北斎と娘の絵師応為。応為の描いたこまやかな女性たちの絵に胸が締め付けそうになる。


ことしは飲み会ないのかな( ´・・)


一月並みの寒さだそうだ。こんな寒い日は、はる、たんが旅立ったそれぞれの一月の日を思い出してしまう。どちらも抜けるようなうつくしい青空の日だった。ぽっかりと、あかるすぎる青空の日。


がーん。昨日8日は能楽堂のあぜくら会優先チケット発売日だったのを完全に忘れていた。能の「土蜘蛛」を観たかった。歌舞伎の「土蜘」と比べたかったのに、朝気付いて慌てて申し込み画面見たらあぜくら会だけで即日完売だったらしくもう×。えーん。つめの甘いころ(/_;)


寒杉。ぶら美は北斎とジャポニズムで楽しい。


んでも英雄たちの選択は土方歳三。プロファイラーはネロで頑張って見た甲斐があった。ネロは近年善政を行っていた事が再評価され名誉回復されたそうで良かったo(^-^)o


おだわらおでん写真 おだわらおでん写真 おだわらおでん写真
おだわらおでん写真 おだわらおでん写真 おだわらおでん写真
昨日はまた衣類の整理しながら認知症の父と午前中いっぱいエンドレスの母の話してこの時点でかなり疲労が(-人-;)
実家へ行きフトン干しなどして、叔母たちと合流して片付け。小田原おでんをごちそうになる。ひさしぶりだった。メインのごはんを選ぶのだが、おでんの出汁で炊いた茶飯も、鯵の押し寿司も美味しいが今回まだ食べた事のないとろとろに煮込んだ牛すじ丼にした。
それはとっても良かったのだが、その後すかすそれからいろいろややこしい話になり、叔母たちを説得するのに発狂しそうになる。ま、まて、なんでそうなるのか(@_@)結局何の解決にもならなかったのだが、なぜそういう発想になるのかさらに発狂。
叔母たちは、その後施設に向かい、ころ一人で片付けてして結局また夕方になってしまい、お墓参りにまた行かなかった。やはり一日のうち三か所は無理なんだよね(・_・?)日暮れも早い。
片浦レモンの羊羹を伊勢家さん本店で買いたかったのに定休日なので仕方なく駅ビルで購入。いや、もちろん全く同じ物なんだけどね。叔母たちに持たされたみかんとかエゴマ油とかいろんなものがどっしりとで、駅ビルでせめてなんか可愛いもの見たかったがヨロヨロ帰宅。かつてないほど疲労した。日記書く気力なかった(=_=)


年内おととと予定を合わせられるのは18日しかないと判明( ´・・)ミライ(/_;)


ちかりた(@_@)


さむっ。寒くてもからっと晴れてくれないかなー。夕べかぜっぽくて、がんがん料理つくる気力がなくて結局もらった野菜で鍋だったりしち。んでもはやめに風邪薬飲んだので進んでないもよう、tてか風邪ひいてたまるかい。今日は叔母たちと合流もするのでいろいろさくさく進めたいがちょっと気になる事が・・・( ´・・)さらに今朝になってふと、今日は木曜日?本店休みかも(;_; )( ;_;)ころ、つめがあますぎる。うう、とにかくいかねばっ。


新春浅草歌舞伎に一緒に行く行きいこメンバーの為に「鳥居前」「綱豊卿」のころ版あらすじをまとめることにしただ。むむ、歴史もあまりくわしくなくて歌舞伎自体を全く初めて観るひとたちに伝えないといけないので、ころちゃんもちゃんとかみ砕いておかないとダメだね(・_・?)だいたいが長い物語の一場面だけを切り取って上演されるわけで、いきなりなんでこの人狐っぽいの?ってなるかもだもんね。もっとも初めての人にも楽しんでもらえるうように工夫してますとは松也くんが宣伝のラヂオで言ってたけど事前にあらすじを細かく知ってる方がより楽しいに決まってるもんね。責任重大だけどたのしいぞ。


明日のレースは父の施設へまず行って衣類の回収からだな。


松也の歴史ミステリーはお伊勢参り。ぶらタモリでも紹介されていたのでさらに面白かった。信仰と同時に娯楽の中心で、大れそれを仕掛けたのが「御師」。お金がなくても柄杓を持って、道中それにお金やお布施を入れてもらってただでお伊勢参りする抜け参りがおもしろい。江戸時代の人は信心を大切にしていたので、お伊勢参りに行く人にはその気持ちを大切にして、お布施をあげる。良い事をすればその親切がまた自分に帰る。お互いの感謝で成り立っていた江戸時代、良いなo(^-^)o


暗くなって寒くなってくると、しんしんと冷えている実家を思い浮かべてしまう。でも比較論は好まないが月に一度空気開けに新幹線に乗って実家に行く、という人の話を最近聞いたので、ころこんな頻度で行かれるんだからどおってことない、と思った。


今度は染之助さんが(T-T)


お昼食べるとだらだらしたりしち。とりあえずクリスマス用品を出して、玄関の花がもうだいぶ枯れてきたのでありがとうを言ってしまいにする。白着色素材やら赤さんきらいの中に銀のちびツリーを 置いてみたが地味だなー。


外がぽかぽかなので外やりたいががまんして中。おひるやすみ?なのだった。陽がさしてるあいだに少し外やりたいなー。海老芋はやつがしらみたいだそうで、にっころがしが楽しみ。と思っていたら、その芋を薄切りにしてレンジにいれてチンしてお味噌とお砂糖とお酒を練ったものをかけて柚子を散らすと良いと作者が教えてくれた。ケールは調べてみたらスムージーに入れる以外は、オリーブオイルをまわしかけて、縮むので大き目に切ってオーブンでチンして塩かけてケールチップスが一般的な食べ方らしい。ほぉ。


明日また一日小田原なのでレースの組み立ても考えねば(・_・)


新月をBGMにしちゃおうと言ったら怒られるかな。つい聴きに行ってしまい手がとまらないようにしなくちゃ。


昨日いちにち遊んでしまったので、今日活動開始。今日は外をやるか中をやるか?お天気良いので外に出ると外仕事をやりたくなるがぐちゃぐちゃな中だなー。でも外きもちよさおだなー。


野菜写真
いただいた野菜で野菜料理をいろいろ考えねば。ケールって初めて見た。京にんじんとかカラー大根とかこんな色のカリフラワーも初めて見た。すごいぜいたく。


寒いけど良い天気できもちよい。下のベランダに時々遊びにくる白黒にゃんこハチワレだけどたんとはちょと違うマスクのかかりかたが違うこが日向ぼっこしてたが戸をあけたら勢いよく下に降りていったがそこにとどまって逃げずに座ってこっち見てた。何度か目ぱちくり挨拶しながら声かけたらにゃんこも目ぱちくり何度もして返してくれた。礼儀正しい人間と思ってくれたらしい。日向ぽっこしていってねと言ったら、しばらくとどまってくれていたが、たいくつになったらしくあくびしてからとことこどこかへ去っていった。ひさびさにみたら首輪がリニューアルされて小さな鈴がついていた。このコの行動範囲ものすごく広くてびっくりした事があるけど、外飼いねこはそのくらいのなわばり持ってるんだね。


歌舞伎座看板写真
心に耳栓して集中して「実盛物語」「土蜘」どちらも素晴らしかった(*^-^*)


三階でも前の方で良かったけど、なんとわしら二人のそれぞれ横、真後ろ、上演中のおしゃべり攻撃がまさに三すくみ!三組とも70代の女性ばかり。
二幕目の土蜘はもちろん能をベースにしてるので義太夫と能の囃子方の演奏を集中して真剣に聴きたいのにそれでも隣の二人がほぼ普通の声でおしゃべりはじめて、耐えれず四月同行者に注意したら逆ギレされたトラウマがあったが指を唇に当てて見せて注意してしもた(;_ _)幸いすぐにその人は慌ててすみませんと言った感じでその同行者にも耳打ちしてたが、にゃんとその同行者は意に介せず、何度もころ隣の人に話しかけてた。隣の人はころ注意に忠実についに一度も声を発する事なかったが、無言で相槌だけ打ってたけど、ヒエラルキーが下位なのかその同行者に注意することはなかった。その同行者がいかにも慣れてるから教えてあげると言わんばかりに最後四天王そろいぶみの時に「これからがクライマックスよ!」と言ってるのがこちらまで聞こえてきた。殺意という言葉をこんなところで使いたくないがそんなものが湧いてきたぞ。二人ともイヤホンガイドしてたしそんな事言う必要もないはずだが(=_=)
そういえば、この人たちは端っこなのに、休憩時間になっても席を立ってくれず、とくに端に座ってた上位?の人は迷惑そうな表情でいやいやバッグをもちあげただけだった。いや歌舞伎座に関わらず端っこは中の席の人達に気を遣うんだよと教えてあげたいよほんとに。
M子さんのお隣は母子づれで四十代の娘さんが、しっ!と一言お母さんに注意したら止んだそうだで良かったが、さらにころとM子さんの真後ろの二人姉妹がずっと喋ってて、それがあたまの上から降ってくる。M子さんところとで後ろ振り向いて目があったのだが、意に介さずで、四月の事件の時のころ黒歴史逆ギレ同行者のような人たちは実はまだ歌舞伎座にも複数存在するという事実を知った。
スタッフさんは桟敷では注意するけどなじぇかこちらまではチェックに来ないんだよね(-人-;)心の耳栓。


朝の気温ではハイネックなんか着てたんだけど、どんどん暖かくなってきて慌てて着替えていたりしたら出遅れてバス乗り遅れ!もちろんでんしゃ乗り遅れ。さらにその電車が遅延ではらはらだったが間に合いM子さんとはやぐらで合流出来た。今日は弁松さんのお赤飯と心に決めていたので、先に買っておいてくれて無事美味しいお弁当を食べる事が出来た(^〜^)


ううさむい。朝テレビで穴におちた小象救出劇をやってて、五時間経って救出されたんだけど、救出された時、仲間みんなと迎えに来たおかあさん象が、小象を連れてかえる時、にゃんと振り向いて、助けてくれた人たちに鼻をおおきくふりあげて挨拶して去っていったんだよ。助けてくれた人たちや見守ってたひとたちからも声があがってた。今日上京だからふだんよりちゃんとお化粧したのに、どうしてくれる(/_;)


おととは今北欧に向かっているそうでちょうどロシア上空からメールきてくそ寒そうなそうな。すかす、ふとおととは世界中で主に英語を使って仕事してるわけだがこちらは外人さんに話しかけられただけで、ひとことも返せずあわあわあわ。どうせ「とろい」もんね(-"-)同じきょうだいなのにこの差はなんだろうと思うとおととはいろいろスポーツやらやってたが、ころ、地面ほじくって水流して「わーい。ココアみたーい」と一人で喜んでいたコドモだったので、腦のどこかが発達してないのかも(゜゜)


いけばな教室の次の教科書をあらためて最後まで見てみたらたのそうだけどものすごく難しそうで、こ、こんな事出来るようになるのかな。でも楽しそう(^^)/


アリッサム写真 アリッサム写真
と、ハナイキ荒かったが、どんどん天気悪くなり寒いわでテンションだださがり( ´・・)実家行かなくてよかったいみないじゃん。寒くて土仕事する気にならず。月末に種播いたけど、これはもお芽が出るのは期待できないなー。種まきした日付書き留めてあるので、さいこう2週間経って芽が出ない時はあきらめよう。ただ、忘れていた頃にあれこれなんだっけと芽が出る事もあるのでそっとプランターとか鉢に移植しておくかんじ。だって今、今年種播きしそこねた、夏のハーブティに欠かせないカモミールがなんとこぼれ種からあちこち芽を出してくれてる。葉っぱのかたちからしてどうやらローマンカモミールの方みたいだ。冬のあいだ、しっかりと根を張って春を待って白い花から青りんごの香りを漂わせてくれる。ドライにしてあるのでまだしっかりとふりーじあなのがまだあるけど、やはりカモミールは嬉しい。


よし活動かいし!


んな事いいつつ明日はM子さんと歌舞伎座。土蜘が松緑さんなので良い鴨。頼光は彦三郎さんなので美声がたのしみ。能では何度も観ているけれど、歌舞伎で観るのは初めてだにゃ。


朝すごく寒い。んでもみるみる太陽が高くなりあったかくなってきた。今日また父の施設に行って先日の衣類の回収と出来なかったお墓参りに行こうと思ったが、さんざん考えてやめた。どっちみち今週叔母たちと合流して実家に行くのでこの日にレースをまた組もう(・_・?)すかすこの日は最高に寒いらしい。今日お天気なので実家窓開け布団干しに最適だが、と、とにかく自分のことやらねば。やはり、あの祖父母の箪笥を実家に帰してからなんかやっと根を張っていたものが動きだした感じ。うーん、ずっと無気力だったのは、還暦迎えたせいなのか箪笥だったのか実際はわかんないけどねー。


スーパームーン写真
こちらではスーパームーンは時間たってからは、ただの満月のようなかんじだった。でも綺麗だった。日付的には明日が満月なんだよね。


ち、ストーリーをじぇんじぇん追ってなかったので直虎に今日松也くんが出ていたを知らなかった。録画しておけばよかった。やはり松也くんすごく良かったらしい。一度だけ信康事件だったので観たが、やはりドラマとしては到底無理で、いろんなパクりのサブタイトルも不快になるだけで、時々録画して松也くんが出るところだけ観たりしち。あの信長はかんべんまる。まあいいや来週再放送録画しておこう。20日の松也講師による氏真の講座を申し込んだので氏真について調べていたら、和歌や蹴鞠などの文化人だけではなくて、塚原卜伝から免許皆伝うけた腕前でもあったそうで、実は文武両道だったのか。なのになぜ?と思ってたら松也くんが調べたら、どうも父の義元は武を家康に、文を氏真にを授けた。結果的に氏真は武人としての教育を受けていなかった為ではないか、と事らしい。いや興味深い。小田原北条のお姫様と政略結婚だったのに、終生ラブラブだったそうで小田原にもいっとき住んだ事があるらしいので、ますます興味がわく。妻の名が春(はる)、早川殿と小田原の川の名というのも(*^-^*)


ご近所さんやら友人から野菜をたくさんいただき嬉しいひめい。はくさいはさっそく漬けものにしたりしてブロッコリーやカリフラワー、だいこん、自然薯とうれしすぎ。さらに、ちょっと良いすき焼き用のお肉を頂いたのですきやき。余ったのでまたあしたやね。 寒くてもビールを飲んでしまうころ(*^-^*)


白鵬の万歳の呼びかけはあくまでお客さんに対してだと思うのであれだけは良いと思うんだけど。んでも早く全貌はっきりしてほしいね。はるまふじ、どんな理由があっても手を出してしまったのが残念(T-T)でも引退はやすぎたのでわ?


ずっと日陰に居て寒かった(@_@)日陰と日向の寒暖の差が凄かった。ふと、世界ワースト動物園にランキングされていた小田原動物園のお城の崖下で一生陽が射さない檻に閉じ込めれていた熊たちを思い出した。子供プールの大きさで数メートルしか泳ぐことが出来ないアシカ、今も雨ざらしの檻の猿(/_;)冷えた足、芯まで冷えたカラダが戻るのに時間がかった。


陽があたらない裏でじっと一日三つ葉の間引きとほかの苗のうえつけ。三つ葉間引きなんてもったいないと言われそうだが間引かないとけっきょく育たないし、他のハーブが駆逐されてしまふ。すかすすごすごる。ここまでくるともお雑草。


マリーゴールド写真
ええ天気や。いろいろいろいろあるけれど「暗いと不平を言う前に自分で灯りをつけましょう」by幼稚園標語より(゜゜)


にこかな(-人-;)


今日もやりたいこと、やらねばならないことがいっぱい(@_@)昨日二人と話してて、やっぱし「やる項目」書き出して消してくというのを二人ともやってるそうな。


お礼をお墓参りの途中で調達するつもりだったがこれを断念。べつに駅ビルでも買えるんだけど、本店で買いたかった。週明けになってしまふ。タイミングが(/_;)


とっぷりと日が暮れてしもた。小田原散策隊はお堀の回りを歩いたり、清閑亭にかなり長い時間ゆったりと居て、珈琲もシフォンケーキも美味しかった、おすすめの東華軒のとりそぼろ(駅弁に乗ってる鶏そぼろだけを単体で売ってる。250円。味付けあまいんだけどほかほかごはんに乗せておいしい(^〜^))と菜の花のお菓子買って旅行気分で帰ったとお礼のメールがそれぞれ入り良かった、良かった。清閑亭には一度一人でずっと過ごしたいんだよね。人を案内した事は何度もあり、その日は空き家や父の事はやらないで、一日観光、って割り切れるんだけど、小田原に行って家の事も父のところへも行かず一人で遊ぶのはなんかうしろめたいんだよね( ´・・)


ミニコケッコー写真
やはりふしぎな流れで朝実家に行きがけに花を先に買っておこうと思ったのだがいつもよる花屋さんが朝すこし早すぎたのもあるかもしれないが、花がまだ全然そろってなくてじゃあ後でいいやと先にコケッコーだけを購入。仏壇に供えた。で結局お墓参りに行かれなかったわけだけど、朝花を買えなかった事がすでに今日はお墓参りに行かれないよと暗示していたんだな。


ぜーぜー。父の施設にまる半日いることになってなんと母のお墓参りできず。実家に戻れたのがもう完全に夕方でもおこんな時間にお墓に行きたくない。鬼太郎はいるかもしんないけど( ´・・)というわけで断念。すかすつつつつつつかれた。でも母にしてみたら父の事やってくれたほうがよかったんだろな。
ケアマネさんとの面談は15分くらいで済んだ。日々リクリエーションのリーダーとして毎日皆さんと楽しんでいるようでなにより。ただメンバーが入れ替わり(意味深)変化はあるもよう。でも新しいメンバーが加わったそうでメンバー数は変わらない(-人-;)そうで、そ、そうですか。
いろいろ詰め込んでいた衣類の整理をすることにしたのだがこりが認知症の人間と二時間近く話をして疲れ果てた。言ってる事は理路整然としてる。さらにここで迷惑をかけてないか?とか社会性も失ってない。でも何度も同じ事の繰り返し(@_@)でも母は毎日毎日毎日の事だったんだよね・・・。


二人に清閑亭の行き方を伝えて嬉しそうな二人と別れて、雑貨買って父の施設へ。帰りに実家に寄らずにそのまま途中下車してお墓参りに行こうかいったん実家に戻ってから花買っていこうかなーなんて考えていた。


まかない丼写真

実家に向かい窓開け掃除父の衣類の洗濯。屋根はにゃんこよけスプレーが効いてるらしくてんこもりんこは増えてなかった。いけばな教室の人たちがRYOに是非行ってみたいというので一人用事で来られず二人になったが、行き方詳細伝え店で待ち合わせることにした。
ふと予感がしては早めに店の前に行ったらやはり行列ができてた。いつのまにかシステマチックになってて、機械で番号札が発券されるようになってた。春以来いってなかったのだがその間に少しねだんもあがってた(^-^;さんざん迷ったが久し振りにまかない丼。ヅケにしたたくさんの種類のお刺身のブツがたくさん入ってて添えられたたまごやきとおしんこがまた嬉しい。M子さんところがまかない丼、一人は海鮮丼で、二人とも美味しいと喜んでくれた。再び冷え冷えした空き家のメンテを一日一人でやるのは心が折れそうになるので、今日はこのランチ会が合って良かったと、こちらも嬉しい。


今日は母の誕生日であの日がなくてそのまま何事もなかったら87歳だ。好きだったコケッコーを買おうか葦のケーキかどっちにしようかな。


動き方かんがえてぐるぐる(@_@)


HOME
2004年 11月 12月
2005年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2006年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2007年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2008年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7・8月 9月 10月 11月 12月
2009年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月
電蓄電影懐古館 はるちゃんのちいさなバナー1
since 2004.11