新●月日記
日本のプログレッシブロックバンド最高峰「新●月」についてのころんたの新月日記です。






9月21日

だめだきょうの「フタまんガ」ナナフシわかんない。



9月20日

さらに谷本朋翼さんが自撮りリハ写真をアップ!花津北、石畠さん、小澤さん!最初ビックリしたのは北さまの肩にはなさまが手をかけてるように見えて、どうしちゃったんだ!こここここんなことするなんて!ノリのバンドに宗旨替えか?と思ってもう一度よくみやるとじぇんじぇん違っだ。わはは。

========
ヒロポンレポート何度も読みかえして、うんうん。目に浮かぶなー。あしたお返事しますだす。 NOA次回ライブは3月16日だそうな。
========
「フタまんガ」いまのところダントツお気に入りは視力検査だな。
========
Orionみた?ふふ。でもさいごの、?が気になるのぉ。


9月19日

わーい!谷本朋翼さんがFacebook&Twitterで北山真参加のリハ写真をアップしてて、わーい!こうして写真観ると実感がじわじわ。やっぱし北さまの佇まい・・・花北そろってる。ほぼ新月だ!いや「静かの海」って言わないといけないか。

========
ヒロポンの渾身のレポートじっくり読んでちゃんと返さないとね!こゆ音楽的なレポートはころにはじぇったいに書けないしにゃ。


9月18日

敬老の日に、はなさまのキーボード(う。なにかはわかんない)の46年間働き続けたスプリングが伸びてきて、いよいよ交換が必要になったそうな。すごい、すごいね。Out of Contro時代以前からずっと動き続けていたんだね。

========
NOAライブアルバムたのしみだねー。って実現する前提やね。


9月17日

Facebookで音楽関係者の方々の感想をこっそり読むにNOA最高だったそうな!

========
ヒロポンレポートよくよむと22時近くまでの演奏だったんだね!す、すごい。
========
川崎のジャパニーズ・プログレッシヴ・ロック・フェス 2014では開演前に『浪漫風』が流れていたけどPROG FLIGHT@HANEDA 2018ではなにかな?


9月16日

ヒロポンすごい!臨場感あふれる渾身のレポート!♪
それにライブアルバム!うわーい、ライブに行かれなくてもライブアルバムすごく嬉しい!

========
うらばなしだけど、桜井さんと峰くんが、駅でバッタリ会った、というのが面白かった。
========
なんども出ている12月23日のシルエレ写真をアップして、これでてもちの79年のライブ写真全てアップで79年さいごのライブの花がさき、そして39年後のPROG FLIGHT@HANEDA 2018へ。


9月15日

今日はNOA。凄いだろうなー。残念ながらレポートを楽しみにしてる。
別件だが来月半ば過ぎたらころおふやらねば!

========
いまごろはNOA第二部の真っ最中やね。つさまたちもいらっしゃるのかな?くくぅ。


9月14日

「フタまんガ」定点観測。きゅうりといえばカッパやね。きょうは雨。



9月13日

うん。当時の写真をしみじみみて、まさかこの未來に自分が新月ファンサイト立ち上げる事になるなんて、夢にも思ってなかったなー。ふしぎ。もう来月10月でファンサイト15年なんだなー。はやいような長いような、新月時間に換算すれば星の瞬きくらいか。



9月12日

ビンテージ楽器嬉しいなあ♪PROG FLIGHT@HANEDA 2018で要塞がステージに現れないかなー。新月曲をこれで演奏してほし〜い!

========
週末はNOA!うう行かれないけど、すごいだろーな。


9月11日

9.11。2016年4月に奇跡のコンサートが開催されたが、同年12月にも奇跡のコンサートが開催された。HAL&RINGのコンサートだ。ここで演奏された『Alterd States2』がまさにこの9.11を描いていた。この曲の前奏は、永遠に続くかと思ったはなさま演奏の『終末』で、つさまが「花にみんな持っていかれた」と言っていたくらい、悲しみとか絶望とか、でもかすかな希望をなんとか持って上をむかねばならないと深く深く心に刻まれた。

========
「静かの海」のはなさまオーバーダビング。どんどん先祖帰りしてるそうでよーわからんが、あなろぐぽくなるのはなんか嬉しい気がするんだが。で大山曜さんがリンク張られていたZIZZスタジオの要塞写真みて、わーい!メロトロンM400ハモンドL112ヤマハCP70♪


9月10日

みんなもう、遠い星の人さんの写真をみてくれたかな?遠い星の人さんのステージ写真はこれでさいごだよ。こんな貴重な写真をファンの皆さんに観る機会を頂いてただただ感謝しかない。
すさまじいライブだった、としか言えない。1979年12月14日。初めて新月を観た高田馬場ビッグ・ボックス。遠い星の人さんから頂いた写真を見ても、まったく覚えていない。間違いなくこの会場にいたのにね。ただ、ただ、凄かった。すさまじかった事衝撃のliveだった事だけは、今も全身で覚えている。
PROG FLIGHT@HANEDA 2018が少しづつ近づいてくる。



9月9日

あしたは、新月。

========
当時の11月ロッキングオン主催のライヴ「遠い星で待つきみのためにうたう」のちらしに、タケバさんがコメントされたのは「連絡先がrockin'onではなく、アルグだったのね。アルグは共同事務所で、Fool's Mateの編集部も入ってた アルグは六本木にあった写真家の故・迫水正一さんの事務所で、新●月のマネージメント事務所、Fool's Mate編集部が間借りしてました。Merzbowの秋田昌美は、ほぼ毎日入り浸ってたかな。」
森村さんのコメント。
「アルグは懐かしいね。当時FoolsMateの編集長の北村くんの家が僕の帰り道の途中だったのでよく僕の車で送って行った。
   その途中に僕の親友の本坊哲治くんの家があったからよく寄ったりしてた。
   ある日、本坊くんの家に秋田くんが遊びにきて居て(彼らは一緒にバンドをやっていた)秋田くんと北村と意気投合して、秋田くんがFoolsMateのライターに就任したっていうのを今急に思い出したす。多分1980年初頭の頃。」
新月マネージャーお二人のコメントでした。掲示板にいずれまとめて投稿せねば。


9月8日

PROG FLIGHT@HANEDA 2018のこと考えていたらきんちょうしてきもちわるくなってきた。はやすぎるって。TIME TABLEはまだCOMING SOON…のまんまだにゃ。大山耀さんのFacebookによると、さいごのさいごになにかしかけがあるらしき。



9月7日

もうすぐ、新月。

========
「ぴあ」にアクセスするもたちあがらず「フタまんガ」みられない。・・・何時間かたってやっとみられた。


9月6日

地震の被害に遭われた地域の皆さま、心よりお見舞い申し上げます。

========
PROG FLIGHT@HANEDA 2018まであと一か月!わくわく!
========
「静かの海」の『銀の船』。銀、船。ふふ。


9月5日

台風の被害に遭われた地域の皆さま、心よりお見舞い申し上げます。

========
今日は2004年に四半世紀ぶりに新月のアルバムが発売された日だ。「新●月:Shingetsu Live 25.26 july 1979. ABC Kaikan Hall Tokyo」。
========
あしたでいよいよPROG FLIGHT@HANEDA 2018まで一か月。どきどき。


9月4日

花北サイン会の事思い出す。「遠き星より」が店内に流れてて、新月曲が流れる中花北が『島へ帰ろう』と「静かの海」の曲『調べ』」をリハーサルしてた。いやはやこれ思い出しながら、PROG FLIGHT@HANEDA 2018の事思うともう浮足立ってしまふ。PROG FLIGHの公式サイトでもまだタイムテーブルはCOMING SOON…ではやく発表されないかなー。どきどき。

========
先日開催された桜井良行さん清水一登さん参加の「ミライ」は素晴らしかったそうだ!つさまがご覧になって絶賛されていた。くくぅ。NOAも行きたいけど厳しい。伊藤政則さんのイベントも行かれるかどうか・・・。


9月3日

昨日公式サイトから掲示板に転載した森村さんの寄稿文だが、長巻物になってしまったので、「訂正文」へリンクを張り直しただ。この方が読みやすいね。

========
「遠き星より」を聴いた。でかけよう。


9月2日

ロックウェルについて結局転載させていただいた。39年前の事がいろいろつながってたのしいな。あとまだ透け盤とかARGについてだねー。



9月1日

9月!新しい月のはじまり。そ、そしてPROG FLIGHT@HANEDA 2018がついに来月に迫って嬉しいけどどきどき。

========
そか「ヴィラそれいゆ」!ロックウェル創音工房株式会社って会社名もすてき。 ロックウェルについてちゅうとはんぱですんまそん。森村さんのコメントをもっとまとめねば。イギリスでジェネシスのメンバーと一緒に住んでいた塩次さんが帰国後立ち上げたのが、日本初のリゾートスタジオ「ロックウェル」。こんな施設で「新月」が録音されたんだなーとしみじみ。あととにかく機材については全くわかんないので、わからないなりに文章にせねばとキャパ超えることやらねばのころ。
========
しょぱんの事情でNOAは断念しただ。くすん。お詫びではないけれど、DUのN嬢から大量にもらったちらしは、ころでは到底さばききれないので、友人にお願いしたところ快く行きつけのライブハウス二軒に置いてくれたです。


8月31日

8月がきょうでおわるね。

========
むむ。「当時」の時代の印象を最も顕著に表現しているのがファンサイト版「新月史」でわないか。掲示板レスまたもうすこしきっちりまとめねば。
========
今日の「フタまんガ」をうっかり駅のホームで読んでしまったでわないか。ツボってたいへんじゃった。
========
Facebookはあくまで一過性の告知。Twitterは短いながら拡散の重みがあるので慎重に。この使い分けを肝に銘じる。


8月30日

あだまのなかは『殺意への船出PART2』まみれ。

========
うーん。グリーンについてかどうか・・・新月セッションに参加してくれていた演奏者があるバンドの「ボーヤ」をしていたと聞いた覚えだけはあるのだが、それがグリーンだったかどう・・・おもい、出せない。ころキャパだと新月、新月関連以外にこたえられないので、こゆことはスルーして、あとは詳しい人にまかせよう!と大人?のずるさで逃げる事にする。てかちゃんと答えてくれる人にきちんと答えてもらったほうがいいね!
========
森村さんのロックウェルスタジオについては、「新●月●全●史」のブックレットと合わせ、機材の事などもうすこしちゃんとまとめてまた掲示板に補足するだす。掲示板の感想などほとんど聞こえてこないけど(寂)Twitterを通じて全然知らない声なきファンの方たちが相当数見てるそうなので、機材について知りたい人もみてるからねー。ちゃんとした事がわからんやつが管理人ですんません。


8月29日

『鬼』はもちろんで別格で絶対値でアレンジ拒否くらいのきもちなんだけど、やはり「遠き星より」の新アレンジ版『殺意への船出PART2』への期待ふくらむ羽田。あうう。もうすぐ9月になるぅ。

========
新●月掲示板へのころ遅レスは皆さんわかってる方はわかってるかもねぎ。


8月28日

偶然なのか、以前Facebookにアップしたあのロックウェル録音風景に森村さんのコメントがあり嬉しい。そうか。前世を見るようなのか。

========
当時の記憶は新月以外だとU・K、キャメル、あとは高校時代初めてプログレを知ったELPを皮切りにいわゆる五大バンドくらいだなー。日本の音楽シーンはとんと知らず、というか記憶してないだけだろな。Facebookでたしか皆さんがムーンダンサーとかカシオペアとか書き込んでくれていたのでいま過去記事発掘中。新月に加筆するべきコメントはその場で記録しないと流れていってしまうので注意せねばと実感。なんせ最近新しい事がまったく腦に記憶できんのじゃ。
========
んでもって発掘作業に取り掛かり表土剥ぎをはじめたところで、にゃんと思いもかけず森村さんからロックウェルについて貴重なコメントいただいただ!いろいろまとめてから、掲示板にレスやね。
========
いちおう取集すみ。あとまとめなのでもうすこしまってね。ロックウェルってすごいっ。
========
もろもろ課題があり、ただしく掲示板にレスするには「新月史」と「新●月●全●史」のブックレットひっくりかえす必要があるが、むむ。


8月27日

「遠き星より」の『殺意への船出PART2』を聴きながら、新アレンジで一番好きな(てかしろうところにもとってもわかりやすい)間奏部分のメロトロンフルートに震えつつ、この新アレンジの『殺意への船出PART2』を北山ボーカルで生で聴く事ができるんだなと、思ってさらに期待に目がきらきらしてる自分がわかる。まだliveにも行く前なのに、この日のライブアルバムを作ってくれないかなと思ったりしち。



8月26日

きょうは、満月。

========
ヒロポンすごい。ロックウェルの資料まで入手とわ、さすがはなさま任命新月資料室長おそるべし。で、ぴかぴかのスタジオ、だったのかにゃ?
========
すかす、つまりニューカルチャーのアイコンが同時に語られる時代にデビューしてしまった新月という事か。『少女は帰れない』をシングルカットしようという、現在新月がどんな存在であるか知っているころたちからすれば正気の沙汰Tとは思えない企画をレコード会社が本気出した事が、はからずも今当時高校生だったファンの方からの記憶とタケバさんからの解説で腑に落ちたよおな気がする。ちがうかもだけどぉ。
ムーン・ダンサーについても誰かに教えてもらったよぉな。グリーンというのも誰かから聞いた事はあるのが、うーん。このほりさげにエネルギー使うと、キャパの狭い新月ファサイト管理人ころ、ブレが生じてしまうので、お任せしてしまおう。


8月25日

明日は、満月。

========
夜空に、明日満月になろうとしている月が、輝いて綺麗だ。
========
次は「透け盤」について言及してみたいね。


8月24日

風雨凄くて眠れなかったがうとうとしてあたまの中に流れて来た目覚めの曲はやはり『殺意への船出PART2』だった。

========
もうすぐ、満月。
========
じゃんけん、ぎゅー。


8月23日

「冷凍睡眠/Cold Sleep」についてもっとたくさん書きたかったけど、むむむ。今日はお地蔵さんの日。再会の日。あの日ファンの方たちと会った。そんな日だったんだね。



8月22日

9月15日がまだ予定がはっきりせずNOAのliveに行かれるかどうか・・・まだ予約も入れてない事に気づいた。その半月後はもうPROG FLIGHT@HANEDA 2018だよね、わー。

========
お。公式サイトについに「静かの海」はなさまオーバーダブの報が。すかすすごい「ソ連」のオルガン!ドイツのオルガンがうつくしい。みっつのオルガン♪たのしみ!現実が近づいてきた。
========
オノヒロさんへのお返事これでよかったのかな・・・。まずはころ自身が当時のメンバーと全く面識なしで、ふたつの可能性を考えてしまった。まずクラシックのピアニストであるお嬢さま津田裕子さんが、ノーブラ・・・だったなんてはしたない、とんでもない!というお叱りになるかもしれない。反対にロックバンドのサポートに入ってるのだから、自由の象徴ノーブラ当然よ、というお考えだったか、なんてわからない。ただ、タケバさんが誰だろう?と言ってるくらいなので、メンバーだれかのひみつの?彼女さんであっても関係者ではないかもね。ジェーン・フォンダさん、かっこよかったよなー。でも「世にも怪奇な物語」では妖しいあぶない雰囲気だったよね。


8月21日

みなさんすでにご存じのように、ころ、とろいので遅レスすみませんです。んでもいろいろな方の言葉を聞いて、やはりあの時代、高校生だったファンの方々って人生最高の年齢に最高の音楽を新月をはじめたくさん聴く事が出来た素晴らしい世代だなーと実感。



8月19日

アクアポリスに誰かいくのかな?

========
今日一日ネットにつなげる時間なかったのだが移動中掲示板みて、えーっとぉ。裕子さんはまずころと同い年つまり当時大学四年生だよねー。なのでオノヒロさんよりおねえさんざます。
んでもって裕子さんはメジャーデビュー後の「新月」のキーボードサポートとして演奏者なのでファンとして会場にいることなどありえない。なおかつ裕子さんはクラシックの方がノーブラで公の場にいるだろーかという素朴なぎもん。んでもって、タケバさんとのやりとりで、当時のニューカルチャーのアイコンのひとつロックファンなら男性長髪、女性はノーメイク、ロングヘア、ノーブラ、であったそうで、ここにおおきな隔たり在りすぎで、あわわ。草分けはなるほどジェーン・フォンダ。どうやって説明したらよかろうか。裕子さんが美しいのは間違いないけど違うと思う、けど。でも「新●月●全●史」のHALのジャケの裕子さんのロック感ははんぱないよね。んでも当時のマネージャーでもあるタケバさんがだれかな??と言ってるのでなぞやね。


8月18日

23日は北山真サイン会だが、ふと、時系列はくるうが花北サイン会も羽田前にアップしたほうがいいな。この時キタモトのユニット名が「静かの海」に決まった事と『調べ』が演奏されたので、羽田の「新月」ともうひとつ「静かの海」へつながるよね。
すかす、羽田をバネ?にワンマンでやってくれないかな?新月Project feat. 北山真。

========
『赤い目の鏡』いいな。


8月17日

たよりがないのは水面下で花形満をやっているからであろーか(って巨人の星しらない人は知らないか)。

========
AQUA POLISだれか行くかにゃ?
========
「フタまんガ」。昔から公ってハムに似てるとおもったけどほほえみにも似ていたのか。
========
8月23日はお地蔵さんの日。再会の日だ。んでもって「冷凍睡眠/Cold Sleep」サイン会が開催された日だ。


8月16日

Amazonnレビューにファンのどなたかが『殺意への船出PART2』について書いておられていていいね。『殺意への船出PART2』についてはころただ、へらへらと笑えて来ちゃうとかそんな感想しか書けないにゃ。



8月15日

今日は昨日に引き続き、寒川神社境内で能・狂言。毎年8月15日に開催されている相模薪能。戦没者慰霊の黙祷、神事に加え、今年は天皇在位30年の祝いでもあり、演目がおめでたい、明るい曲ばかりだった。狂言「樋の酒」能「大瓶猩々」は昨日の伎楽に続いてヨッパライだらけでわははわはは。能「逆矛」はスケールの大きな日本の国創生のさまを喜正さんが相変わらずダイナミックな気品で舞った。萬斎ちゃんのオーラは半端なかった。「大瓶猩々」のアイは野村裕基くん。なんでおとうさんをちゃん呼びなのだ。



8月14日

今日は、寒川神社境内で東儀秀樹さんコンサート〜「楽」千年の刻を超えて〜。
始まる前が『鬼』のliveのイントロ前の鐘の音が神社境内に鳴り響いてあれーと思った。 東儀さん篳篥独演のあさくらのねとり?からはじまる。 一部が飛鳥時代のシルクロード由来仮面の無言劇「技楽」で、どんなにかたくるしいのかと思ったらとんでもない、吉本かい。仮面つけた人々が酔っぱらって大騒ぎしてしまいにはせっかく獅子使いが寝かしつけた?獅子にまで酒を無理やり飲ませて獅子を大トラにしてしまい(個人の感想である)困り果てた獅子使いが貴人にお願いすると蓮の花で獅子をなだめるというもの(みたいだった)。後から東儀さんのMCで、伎楽は聖徳太子が奨励して文字が読めない人々でも仏教的な道徳観が理解できるように、との事だそうな。次が演奏者がみんな平安そのものの衣裳で登場して、女性はみんなお姫さまみたい♪篳篥、笙、龍笛、琵琶、三味線、ほかもろもろ。曲は越天楽。楽しいMCいっぱい。そして、本来雅楽由来で作曲されたという君が代。それから舞が入る舞楽。そして東儀さんの笙の独奏で曲名わかんないけど、モダンな、パイプオルガンのような演奏でわー。それから休憩入ってがらりとかわりバンド編成の中現代の曲をアレンジして篳篥と笙を奏でていく。覚えてるかぎりで、プレスリーの愛さずにはいれられない、ひととようさんのはなみずき、浜千鳥、ルパン三世、天空の城ラピュタ、リベルタンゴ、オリジナル曲の青き道の海、星に願いを。あとまだあったはずだが、おもい、だせない。笑いとるMCでいっぱいひきつけておいて、古典芸能について、日本人として個々に決して高承な事ではなく日常的な日本の文化をきちんと内面から語れるように、などと響く言葉がたくさんあった。よかったおもしろかった。



8月13日

シルエレ写真は、『鬼』の作者の可愛い服がにん。ガッツポーズがめずらしいかもで、新月奥がふかいのぉ。

========
PROG FLIGHT@HANEDA 2018まであと一か月半。
きょうも「遠き星より」聴いて最後の曲の『島へ帰ろう』ににこにこ。79年のこんな夏の日「新月」の最後の曲『せめて今宵は』を聴き終わって『鬼』へ何度も戻っていったことを思い出す。帰ろう、どこへ?はじまりは終わり。
羽田の日、そこで祈ろう。
========
今日はHALとSerenadeがお互いの演奏を目の当たりにし、新月が生まれるきっかけとなった日。このエピソードについてはあちこち書いてはちらばってるのでまたまとめて書くだ。小松さん追悼でSerenade曲が演奏されるといいな。きょう、ここで祈ろう。
========
新月ファンは、ほんとうに新月がすきなんだなー、としみじみ。あたりまえか。
========
PROG FLIGHT@HANEDA 2018のチケットはまだイープラスにあるそうな。


8月12日

屋根裏、シルエレアルバムが見えないという方々の苦情を頂いていました。ころミスですみません!今は直っております。見える方と見えない方がいるのが不思議でしたが、ご指摘いただいてよかったです。せっかくの遠い星の人さんの写真が・・・あわわ。

========
「静かの海」の二曲に、にゃんと月兎の村上常博さんがギターで参加したそうですごい。


8月11日

きょうは新月。そして11。

========
遠い星の人さんの写真とスケジュール表たっぷりゆっくり楽しんでね♪見飽きないよね。ふんいきがなんか違ってて良い。余裕かな?
========
シルエレのスケジュール表。出演バンドを見て、綺羅、星のごとし。


8月10日

明日は、新月。

========
きょうの「フタまんガ」はシャイなころちゃんみたいなトマトやね。


8月9日

ナガサキ。

========
今朝はずっとあたまのなかに『殺意への船出PART2』がエンドレスで流れて目が覚めた。
========
すかすFacebookでスケジュール表でこんなにもりあがるとわ。さらに朝からノーブラについてちんとんしゃんと深く語り合うとわおもわなかった。男性の長髪、女性のノーブラ、こりが70年代のロックファン、ニューカルチャーのアイコンとの事で、ころ、ロックファンではなかったんかい。
========
『殺意への船出PART2』。えへへへへ。


8月8日

今日はいちにちじゅう『赤い目の鏡』がエンドレスであたまのなかに流れていた。やぎさんの旅、は実は人間全員が背負ってる罪をやぎの毛皮にかくして旅してくれてるのかな、とかふと思ったりしち。でも涙に染まるのはうさぎさんの方の目だしなー。ほんとにふしぎな曲だよね。

========
新月まであともうすこし。


8月7日

PROG FLIGHT@HANEDA 2018まで二か月切ったにゃ。にゃっ。



8月6日

ヒロシマ。

========
朝から「完●全●再●現 新●月Complete Edition / 1979 Shingetsu Live」。新月ライヴ聴いて、羽田についてわかってるけど、わかってるけど、やっぱし『白唇』も聴きたい、『不意の旅立ち』も聴きたい『赤い目の鏡』もみんなみんな、って思ってしまう。
ROG FLIGHT@HANEDA 2018まであと二か月♪


8月5日

ファンの方たちとやりとりしてるけど、新月好きなんだな〜、としみじみ嬉しい。んでも、『少女は帰れない』は人気があるんだなー。ふーん、そおかあ。 この曲の誕生は諸説あり、ある新月メンバーの方によると「花本くんが冗談で作った曲をビクターの人がアップテンポで良い!」ってあやうく?シングルカットされそうになったというのが印象深い。ふうむう。新月セッションで、演奏者も、はなさまからのコメントもこんなにノリノリなのに、演奏するとどれほど難しい曲かと、ころも初めて知っただ。って、この時直接はなさまにお聞きすればよかったのにね。北さまの話では歌詞に関しては自分の名がクレジットされてるのは心外である。あまりに歌詞がひどいので加筆した、というお言葉はいただいている。いま音源で聴く事は出来きるね。



8月4日

今朝はなじぇかあたまの中に『浪漫風』が流れて来た。

========
AQUA POLISも観てみたいけど、ゲーム音楽って無縁の世界だ。でも中潟さんのおかげでゲーム音楽を通じてプログレを知らない若い人たちがプログレを知ったんだよね。
========
「フタまんガ」。地味に響くのぉ。禅問答のようだ。


8月3日

「遠き星より」。79年にうだるような、たぶんデビュー後の8月に『鬼』を聴き「新月」を聴いた。その時よりももっともっと酷暑の中セカンドアルバムを聴く。あの頃ライブで演奏されていたけど、当時名前を知らない曲たち。でもいまはみんな知ってる曲をこうして音源で聴く事が出来るしあわせ。12年ぶりに北山ボーカルでこれらの曲たちをライブで聴く事が出来る。ワンマンじゃないし新月じゃないのはよーくわかってる。はんぶんは「静かの海」でそれも楽しみだけど、でもやっぱり、新月曲を北山ボーカルでライブで聴く事が出来る。嬉しいのは当たり前だよね。ほんと大山さんありがとうございます!ち。『島へ帰ろう』へ不覚にも涙が。



8月2日

8月はあととてもとても大事な事があった月だ。セレナーデを脱退したギタリスト桐谷さんの76年企画イベント「金で買える夢」があった月だ。そう、HALとSerenadeがお互いの演奏を目の当たりにし、それぞれのメンバーが合体し、新たなバンドを結成した月だ。その新たなバンドはその後メンバー交代を経て、その後日本のプログレ最高峰のバンドの母体となる。

========
うう、ファンの皆さんへのおへんじがたくさん遅れてしまってごみんなさい、ごみんなさい。
========
いろいろ頂いた写真やら資料やらをアップしてるのに、なんか整合性がとれてない・・・。原宿クロコダイルのオーディエンス録音もファンの方から頂いて持っていたのにそれリンクさせてもっと書ける事あったのにね。たしかこの音源もボックス制作前の資料としてこぐまさん経由で新月に渡したんだよね。


8月1日

新月月が終わり8月へ。でもデビュー直後の新月はライブに伊藤政則さん企画ものにと大忙しだったんだよね。オノヒロさん高校生夏休みの貴重なライブレポートがいきいきと書かれてタイムスリップした気分だった。

========
「完●全●再●現 新●月Complete Edition / 1979 Shingetsu Live」を聴いて『赤い目の鏡』のオルゴールになった時、新月セッションで黒松さんがギターでオルゴールの音を再現したのを思い出してにこにこ。5回でなんとなく終了してしまったけど、なんかすごいイベントをやってのけたよねー、演奏者のみなさん。


7月31日

火星大接近♪



7月30日

新月月がもうすぐおわる。39年前、「新月」という名を持った存在が大きく世に出た月が。



7月29日

Twitter情報で、昨日開催されたアストゥーリアスコンサートで、大山さんのMCの中PROG FLIGHT@HANEDA 2018へ花北へのオファーを熱心に行ったのは大山さんだとご本人からお話があったそうにゃ。

========
昨日はソフトマシーン、アストゥーリアス、いろんなイベントがあったんだね。桜井さんのミライは延期になったそうで、いつもなら、たくさんあちこちでいろんな事が計画されるさいこうの夏祭りひよりだったんだよね。


7月28日

今日は、満月。んでも資料アップは、きょうはおやすみね。



7月27日

Twitterがどんどん(ってごくわずかだけど、ゼロからのスタートだからね)増えて嬉しいなあ。「新月」に反応してくれるひとたちがまだまだいるんだにゃ!

========
明日は、満月。


7月26日

羽田に新月Projectが参加するニュースのとっくの前から、セレナーデ、新月の話題がじわじわ出て、イラストやファンの方たちからの声や、素晴らしい写真をいただき、またその後リアルな当時のライブ体験などを提供していただき、新●月Projectをきっかけに、いま再び新月の名をファンの皆さんが連呼してるのが嬉しい。
ちょとココロ折れそうだったころも、再び資料を見直し背筋がのびて、過去資料をまた違った形で目に触れることになったしね。まさかの「フタまんガ」!もあるし、今年は飛び道具がいっぱい!透け盤の件ついてはまだ言及してなくてすみません。ん?ノーブラ美少女も?
Twitterもまだ二桁まではいかないけど新しい反応やリツイートしてくれて嬉しいなあ。へへ。すかす、Facebookももりあがって嬉しい。アクアポリスの話題まででてきた。そういえば新月デビュー後が伊藤さんのきかくもので吸血鬼伝説だよね、これがありがたいことにヒロポンが情報くれたし、いろんな流れがいいかんじ。8月はHALとセレナーデが出会った目黒の「金で買える夢」だしねー。「冷凍睡眠/Cold Sleep」のサイン会もあった。うんうん。新月は夏?

========
Twitterのいいねが二桁超えてなんか嬉しい。イラストつき手書きの歌詩カードが人気なのかにゃ?嬉しい♪フォロワーがたくさんいる人がリツイートしてくれるとやはり反応があるんだねー。ありがたや。新月好きな人いっぱいいるんだなー。
========
資料いろいろひっくり返してみて、いろいろアップの組み合わせとか考えてたのしい。つぎは何をあっぷしようかにゃ?反応があるのがとてもたのしい。
========
もうすぐ、満月。


7月25日

このコンサートの映像がないのが残念だけど、音源があるけんね。「新月」と三組のライブアルバムについて書きたかったけど、ちとエネルギーなし。

========
Orionにもあるように、そう、いつまでも新月を聴きつづける、んだよね。つい最近PROG FLIGHT@HANEDA 2018目指してみたいな事書いちゃってるけど、羽田がゴールじゃない。ただ、オリジナルメンバーが三人集まるのだから、それをきっかけにもっともっと、新月を知ってもらって、思い出してもらったりして、もっともっと、新月を聴き続けることが、しゅだん、目的だよね。


7月24日

いよいよ明日だね。んでもって今日は鈴木さんのお誕生日でもあるわけだけど、当時どんな日だったのかにゃ?サイト内の当時のちらしとか見てなんか、PROG FLIGHT@HANEDA 2018はどんな盛り上がりになるのかにゃ?とわくわくする。それにしても、北村昌士さんのこの文章は、何度も読んでるのに、そのたびふるえがくる。



7月23日

「新月」はつばい、新月デビューコンサートまであと二日!すかす、デビューには間に合わなかったけど、いまだかつて聴いた事のない音楽、『鬼』がラジオから流れてきたのは、こんなふうにうだるように暑い日だった。ただし、こんなには暑くなかったけどね。

========
またまた新●月掲示板に飛び道具がっ。うれしいヒロポン!これは行かねば!


7月22日

最初はファンサイトでもなんでもない、単に新月ファンの記憶の一ページだけだったこのサイトだけど、続けて良かった、と、ファンの方の声に再びしみじみと思う。



7月21日

新●月掲示板ではまったく反応がないが、ビッグボックスの告知がFacebookでかなり反応あり嬉しい。新月・美狂乱のジョイントコンサートだ門ね。にゃんとNOAの竹迫さんも同じ場で凄いライヴを体感したとの事で嬉しい。やはり『科学の夜』があたまの中をかけめぐる。まだBL事件のはっくつできてない。てか透け盤とかいろいろ課題おおし。

========
トップページから7月からのこの新月日記へリンクが張らていないといのご指摘をうけ今日リンクを張りました。ごめいわくをおかけしました。すみません!
========
すかす、相当暑さにつおいはずのころもさすがにこたえる。新月未発表のダンス地獄?だっけ?ふとこんな日に聴いてみたいような曲でわなかろうか?


7月20日

今日の「フタまんガ」見た?ころこれツボった♪



7月19日

関係者の方々の証言でARGってなんだろ、というのがわかってうれしい。これもまとめて記録しないとね。もうすぐ新月デビューの日だね。あーABC行きたかったなーという渇望感が、新月ファンサイトを続けさせてる原動力のひとつかもだにゃ。



7月18日

遠い星の人さんの写真のおかげで、皆さん大喜びでその流れでころ再び資料をひのめに出したおかげで、Facebookで関係者の方々から貴重な証言をえられたり、Twitterでファンの方が増えたりと深く広く広がり、おにぎりさんも感謝されてるけど、ほんとうに感謝。 森村さんのコメントにもまだお返事できてないのだが、なんかいろいろつながってくる。すかすそのおにぎりさんへのお返事に過去ログ探してからと思ってるのだが、まだ発掘作業にとりかかってないので・・・すんません。いやどおってことないんですけどね、ジョンBL事件、当時は物議を醸しましただ。



7月16日

ちょっとづづなんだけど、Twitterで反応が増えてるのがうれしい。新月の名って、ふめつだ。もうすぐデビューの日だね。



7月15日

原宿クロコダイルおにぎりさんのコメント嬉しい。すかす、FacebookでもTwitterでももりがってるなー。あらためて本当に遠い星の人さんに感謝。過去ログのどこかに記録してあるはずだが、北山真が自ら赤裸々に語る「ジョンBL事件」。こり、じぇったい北さまじまんだと思うの。すかすその後のジョン夫妻はどうなったのであろうか。このジョンBL事件、お盆明けたら探してみよう。



7月14日

巴里祭。



7月13日

遠い星の人さんの写真第二弾原宿クロコダイルをアップしたのでみてね!貴重な反省会の写真まであってすごい。じぇんじぇん関係ないけど裕子さんの前にあるのがパフェなのが可愛いと思ってしもた。未だに使いかたがわからず、テキスト書いたはずなのに反映されてない・・・。まだ修行がたりんです。

========
今日は、新月。新月の日に新月の名を刻む。「新●月:Shingetsu Live 25.26 july 1979. ABC Kaikan Hall Tokyo」を聴きながら、自分が行っていないライブの写真をみる。


7月12日

あしたは、新月。

========
NOA。聴いた。すごい。特典「QCD EJIMAN -飯嶋尚志メモリアル」豪華すぎる。ミニライヴに行かれなかったのは残念じゃった。セカンド、ファースト、メモリアルの順番で聴いた。いい。ライヴで聴いてすごく気に入った曲が音源で聴いてもすごくすてきだった。


7月11日

PROG FLIGHT@HANEDA 2018では新月曲、静かの海曲が演奏されるんだよね。ふとジャパニーズ・プログレッシヴ・ロック・フェス 2014で『鬼』のイントロが演奏された瞬間、拍手がおこったのを思い出した。

========
NOA届いた「QCD EJIMAN -飯嶋尚志メモリアル」も一緒に!んでもちらしはなかったよぉ。くすん。今日は聴く事できないので、ゆっくり。
========
11という数字はとても好きな数字だ。2つの大きな出来事の傷深い日付にもなってしまったが、その記憶とは別に、好きな数字であることは間違いない。なぜか1は自分のなかで『白唇』。


7月10日

はなさま、かまちんの出身地尾道・三原の断水とニュースで報じられている。今の被害に対して簡単にコメントなどできないので、ただただ祈るしかできない。またタイの洞窟のこどもたち、コーチが全員無事ではやく救出されますように。

========
DUにちゅうもんしたNOAは明日でないと受け取れないので、待つおたのしみ。
========
もうすぐ、新月。


7月9日

じめじめむしむし。でも『殺意への船出』の船が航行しているところは綺麗な星の競演だね。



7月8日

NOAアルバムはお店で手に取って買いたかったんだけど、結局直接DUに行かれそうもないので、まとめ買いセットを通販で申し込んだ。通販でも「ちらし」もらえるといいなあ。

========
「静かの海」はPROG FLIGHT@HANEDA 2018前に発売になるのか、つさまソロ「METAGAIA」みたいにPhonogenixコンサート会場で同時発売なのかにゃ?


7月7日

たなばた。『殺意への船出PART2』でよびあう星男と王女。

========
すかす、すみずみまで行き届くヒロポンNOA情報!
========
国立能楽堂狂言「佐渡狐」能「山姥」。能山姥については解説があり、大変に難解な曲である事との前提で解説がありたいへんありがたかった。あまりに宇宙的なスケールが大きすぎて、難解で、でも理解しようなどと思わず、詞章の自然描写の美しさと、今日なぜこの曲かというと「織姫」が機を織ってるところにも山姥来てた。んでも『殺意への船出PART2』よりは山姥は低空飛行で「やまめぐり」なんだけど、前段と後段の間の小鼓大鼓の変拍子がたまりません。やっぱ能はプログレやね。山姥が織姫が織物してる窓辺に現れる場面はなんだか『殺意への船出PART2』を思い出してしまった。山姥が船。


7月6日

静かではない水が暴れまわる。日本中、タイも、水止んでほしい!

========
「フタまんガ」第二話読んだ?はなさまのお顔ににてるよーな。
========
今日、遠い星の人さんの、新月の日にアップ予定の自分が行っていないライブの写真を眺めながら、つくづくおもった。気持ちがあせってしまっているのはあの2003〜2006年の神がかったようなあの時のエネルギーを取り戻さないと、と思ってるんじゃないかって。それ、ありえないじゃん。あーヒデキが言ってた。元通りの自分に戻ろうと思ってサングラスかけてリハビリしてたけど、ある日気づいて、元に戻れるわけないじゃないですか、ならば、今自分がなんとかしようと努力としてる姿をかっこわるくてもみせて、おなじ思いの人に共感してもらえば、って、みなさんに元気だしてもらえるのが西城秀樹だって。そんなんできないなまけもののしょぼいころだけど、ひとつだけ出来ることがファンサイトの継続。ここ最近、ファンの方々の後押しがすごい。新月は隠れファンが多いけど、ちょっとだけ、隠れないで出て来てくれたら共感力、何倍も何倍もあるんだよね。
========
NOA情報ヒロポンすごし!
========
んでもあだまのなかに『殺意への船出PART2』が流れてきたのでねてしまおう、って子守歌かい。


7月5日

「静かの海」。たのしみ〜。一歩すすんだんだね。



7月4日

じめじめでほんとに梅雨明け?って思いながら『雨上がりの昼下がり』。って、す、、すごい風だ。

========
谷本朋翼さんのFacebook&Twitter情報で、大山さん、朋翼さん、石畠さん、花北、の疲れた?写真掲載とともに「静かの海」順調にレコーディング進んでいるもよう!


7月3日

ぷぷ。まだFacebookにはリンクはってないけど、たぶんTwitterであらたに知ったひとたちが「ふたマンガーッ」もみんな読んでる読んでる。いままで知らなかった人もたくさんいるだろうしねー。

========
きょうは「METAGAIA」を聴かないとしんでしまいそうなので「METAGAIA」。癒してくれないのがすごい。 大好きなアルバム。


7月2日

新月。新月からいろんな裾野が広がったなーってなんとなくきょう思い出した。すごいよね。



7月1日

新月月のはじまりだす。1979年、新月はその存在をメジャーデビューという形をとって姿を現しただ。

========
昨日フタまんガのアプリがうまくいかなかったのは、アイフォン用のアプリをいじろうとしていたからで、きょうになって、ころアンドロイドなのでぐーぐるで今日無事アクセスできただ。すかす、最近いろんな飛び道具が出てくるが、まさかフタマンガーッ、ではなくフタまんガがでてくるとわ。いま埋もれてるファンサイト掲載の過去分もアルバムにして初めての人にもたのしんでもらおうかな?ぷぷ。たのしいね!




発毛促進