新月日記
日本のプログレッシブロックバンド最高峰「新●月」についてのころんたの新月日記です。






1月19日

ちょとまたビックリすることが。セレナーデに続いて、新●月に関しての当時の情報いただいた。ころがなまけているあいだに、ファンの方々がきちん思いを大切にしてる事を知った。いままともに「新●月」にむきあうエネルギーがないのでいろいろリセットかけないといけない。なんかタイトル見ただけで卒倒しそうだ。


1月18日

朝、このあたりは、雨上がりですごい霧で遠くが見えない。んでも『雨上がりの昼下がり』ではなくて『青い青空』があたまに流れる。もうすぐ青い青空になるね。
========
1月27日に、新月元マネージャーのタケバさん主催のケーナのイベントが大塚であるのだが、関係ないが大塚といえばセレナーデ冷ややっこライス事件があった地だが、それはともかく、きょうみしんしんで行きたいけど予定が入っていていかれないのだが、こり新月関連とは特に関わりないので、こちらで告知はすまん、なんだけど、こ、こ、このポスター!演奏者お二人が両脇に写り、なんとどまんなかにでかでかと、文句つけようのない可愛いねこがにゃーんとドアップで堂々と迫ってくる。くくぅ。なんというひきょうなポスターなんだ。


1月17日

西の方角へこうべを垂れて、黙祷。
========
でも今日はひたすら『赤い目の鏡』。やぎさんは東に向かってる。もういちど、つさまのボーカルでライブ聴きたいにゃ。


1月16日

今日も青い青空。
========
なにげにつけたテレビで70歳になったエルトン・ジョンさんが演奏する『スカイライン・ピジョン』の映像が放映されていた。サビの部分しか放映されなかったけどうるうるしてしまった。一年半後くらいに日本に行きたいと言ってた。実現したら行きたいなあ。


1月15日

青い青空やね。


1月14日

セレナーデでお楽しみに!って書いたけど来週以降になるかな?楽しい事は先に延びたほうがよりたのしいよ、ホント。


1月13日

きもち、今セレナーデ。


1月12日

ううさむい。鬼日和。


1月11日

最高にすきな並びの数字だ。ころにはなぜか『白唇』。


1月10日

昨日とうってかわってこう寒いとやはり『鬼』だな。


1月9日

高津さんのHP(みんなお気にいりにいれてるよね?)をみるとひそかに進められているらしきプロジェクトが報告されとる。別件で鈴木さんとのつーしょっとも嬉しい。す、すかす、高津さん大変な事が起きてたんだね。大事なくてよかったよかった。
========
今日は初めての「新春浅草歌舞伎」。その存在は知ってたいたものの「若手だから」とちとかろんじていたけど、いやいや、元気もらった。歌舞伎座では演じられない大役を、歌舞伎座で演じている諸大先輩方に稽古を厳しくつけてもらって、ここで演じる。いつか歌舞伎座で演じるために、というエネルギーをもらった。「元禄忠臣蔵〜御浜御殿綱豊卿」の迫力は圧巻だった。


1月8日

朝のおめざは『ちぎれた鎖』(旧題『絶望に架ける橋』)。


1月7日

セレナーデの代表曲は『回帰』。そして『回帰PART2』つまり『回帰〜鬼』。セレナーデ時代にすでに『鬼』のモチーフは生まれていた。


1月6日

年末の「ミライコンサート」はあらためてほんとに良かったそうな・・・。桜井さんのベース堪能したかったなー。NOAの公式サイト見るとまちがいなく3月3日はコンサートがあるのでこれを楽しみにしようっと。
========
まだ「思う」の段階で、セレナーデについて聴きこんでない、読んでない。セレナーデの項目があるのをみんな知ってるよね?
========
能、歌舞伎、新月。すべてころのなかで同じ、なにか、決定的な何か同じ共通点があるのだが、それが何なのか整理つかずまとまりがつかない。ただ、イメージの中でぴんと張った舞台の空気があるだけだ。


1月5日

セレナーデの資料を久しぶりにじっくり読んでみようと思う。いまセレナーデに風が吹いてる。


1月4日

毎日お正月らしく素晴らしいお天気だよね。駅伝三昧に飲みすぎでだらだら。箱根駅伝が終わるとお正月もおわりだにゃ。
========
Orionに新年のごあいさつ。いろいろ動きが中断したんだね。良いニュースを楽しみにしようね。


1月2日

今日明日と箱根駅伝ざんまい!


1月1日

新●年。
========
今年初のスーパームーン。綺麗だ。
========
お正月明けたらセレナーデ・新●月ファンの方から素晴らしいものを高津さん北さま経由で掲載可の許可を頂いたので、おたのしみに。