牛浜ブラザースライブ

HOME
BLOG
BACK
LIVE&RECORDS
経堂「さばのゆ」 2012年5月11日(金)

新月ファンには名前だけはおなじみですが、その存在はベールに包まれていた伝説のユニット「牛浜ブラザース」。
Serenade解散後に、高津さんと北山さんで組まれたデュオで、もちろんその名は、大好きなエヴァリー・ブラザースと、お二人が当時住んでいた牛浜に因むものです。
そのライブが30数年ぶりに行われました。

と言っても、牛浜ブラザースは、新月関係者と劇団インカ帝国メンバーの間でのみ演奏されていたもので、2008年に行われた真○月ライブでは、オープニングアクトに「牛浜ブラザース」という企画もあったようですが実現せず、ファンの前で演奏されるのは、今回が初めてです。

今回、牛浜ブラザースのレパートリーに加え、高津さんのオリジナル曲、北山さんのソロ曲が演奏されるとあり、リハーサルも非常に良い手応えで、お二人の声も厚みが増したとの事で、期待は高まります。

さらにライブ前日に『光るさざなみ』完全版が演奏され、「失われたBメロ」をはしょらずに演奏、そのBメロを高津さんが歌うというアナウンスがあり、さらにさらに期待は高まりました。

高津さんのMCから始まりました

なぜか北山さんはMCは一切やらないと堅い決意だそーで、高津さんだけのMCでライブが始まりました。しかし、元々あがり症の高津さん、ちょっと照れて困りながらもいつもの明るい調子でのMCでした。
それに対して、表情も硬くにこりともしない北山さん。新月ボックスのブックレット「新月道」の一文を思い出したわたくし。
高津さんのギターソロ♪

1曲目は、牛浜ブラザースの名の由来、エヴァリー・ブラザースの曲『夢を見るだけ』。
お二人の綺麗なハーモニーは息もぴったり。
ライブは楽しい♪対バンのメンバーさんたちも真剣に聴き入っていました

当初、高津さんの小さな青いギターに合わせて、北山さんも自分の小さなギターを使う予定でしたが、リハーサル時調子が悪く、お店のギターを借りる事になりました。
高津さん北山さんでギターの大きさのビジュアルバランスまで考えていたんですね。
ずっと真剣な表情で膝の上に置いた手でリズムを刻んでいた花本さん。

客席には、花本さん、桜井さん、山口さんの新月関係者、劇団インカ帝国・新月ファンクラブ会長・文学バンド・そして新月のカメラマンでもある小熊一実さん、劇団インカ帝国のよひら青子さん、竹田のりこさんがいらしていました。
この日は平日という事もあり、一般のお客さんは殆どおらず、牛浜ブラザースファンは新月資料室長ヒロポンところんただけという、贅沢な観戦となりました。
『孤独の世界』良かった〜♪

日本とイタリアだけでヒットした曲です、と高津さんのMC。北山さんの声の深み、高津さんのギターの魅力の両方を堪能できた素晴らしい演奏でした。
二人の演奏にうっとり


たくさん間違えたーなどと演奏後お二人で笑いながら「30年ぶりですから」に、客席からも笑いがこぼれ、会場内は和んだ雰囲気に満ちました
『信号』のハモリの部分。本当に素敵

いよいよオリジナル曲の演奏です。高津さんの「信号」から表題曲『信号』が演奏されました。
北山さんがここで初めて発言をしました「ギターは弾きません。この曲は難しいので。」に、関係者から少し笑いが。
あたたかい、高津さんのあの歌声と、北山さんとのハーモニーが美しい演奏でした。高津さんのギターはもちろん、高津節。
ディスクユニオンのインストアライブをご覧になった方は、同じく高津さん・北山さんコンビのライブを聴いていますね。
『光るさざなみ』

そして名曲『光るさざなみ』。
今回演奏されたのは「光るさざなみ」の表題曲版ではなくて、北山さんのソロアルバム「動物界之智嚢」に収録されている『光るさざなみ』の原曲の完全版です。
MCで、高津さんは「『光るさざなみ』は北山くんの最高傑作と思っています。しかし、ひどいことに録音で、彼はBメロを抜かしているんです。今回そのBメロを入れた完全版を演奏します」と説明がありました。

前半から中間まで、北山さんの言葉ひとつひとつ、高津さんのギターソロの美しさにうっとりと浸っていました。それから、あらためて、北山さんと高津さんの歌声が時々似ている事を感じました(Serenade時代の『殺意への船出PART2』も、北山さんがお一人で歌っていると長い間思っていたのですが、北山さんが王女で高津さんが星男と、それぞれパートを分けて歌っていたと、数年前に知って驚いたものです)。

後半になると、お二人ともかなり歌い上げる感じで、少し『光るさざなみ』の表情が違う雰囲気でしたが、この名曲を、またライブで聴く事が出来て幸せでした。
『愛なき世界』

『光るさざなみ』の余韻漂う中、次の曲は『愛なき世界』です。
つい花本さんの手にシャッターを切ってしまいました。動画で撮りたかったかも

ポール・マッカートニーが当時付き合っていたジェーン・アッシャーのお兄さんであるピーター・アッシャーのために書いた曲ですと高津さんから解説がありました。全英・全米で1位になった曲です。
やっぱり、牛浜ブラザースのラストはこれでしょ

高津さんのMCもほぐれてノリにノってきたところで、ラストの曲です。もちろんエヴァリー・ブラザース『バイバイ・ラヴ』!
お二人の声はさらに若々しかったです。全員手拍子で参加し楽しい楽しいライブは終わりました。
今回来られなくてがっかりしているファンの皆さん、大丈夫です。牛浜ブラザースはまだまだこれからも活動を続けるそうです!

========

曲目(敬称略)
1 夢を見るだけ(All I Have To Do Is Dream)…エヴァリー・ブラザース(Everly Brothers)
2 孤独の世界(From A Distance)…P.F.スローン(P.F. Sloan)
3 信号…高津昌之
4 光るさざなみ…北山真
5 愛なき世界(World Without Love)…ピーター&ゴードン(Peter&Gordon)
6 バイバイ・ラヴ(Bye Bye Love)…エヴァリー・ブラザース(Everly Brothers)



HOME
BLOG
BACK
LIVE&RECORDS